自分の用途や目的に合わせて英会話教材を選びましょう

英語発音 初心者

英語発音

初心者

どうせ学ぶなら現地でも通用するネイティブ発音 何から始めていいのかわからないという初心者の方に
短期 こども

短期

こども

短期間でしっかりと英語を聴ける耳を養っていく お腹の中に居る時から3歳までの大事な時期の英会話教材

ランキングを無視する英会話教材の選び方

多くの人が英会話学習教材の種類が多すぎてどれにすればいいか迷う

日本では英会話教材は流行り廃りがあり、常に新しいものが発売されています。 そんな中、勉強はしたいもののどれを選んでいいのか困ってしまっている方が多いのが現状です。 人気や売れ筋のランキング等を見ても結果として商品を決めきれないで行動できないで止まってしまっている方もいます。 そういう時は英会話教材の商品を探すのではなく、自分が今の時点で「どの状態にいるか」と「どうなりたいか」の目的を明確にしましょう。 英検やTOEIC、TOEFLなどの資格を取りたいという方と、ナチュラルでネイティブな発音ができるようになりたいのとでは選ぶ種類が当然ですが異なります。 漠然として話せるようになりたいというだけでは、ランキングなどにもどれか一つに絞って選択することが難しくできないくらいに商品が多いのです。 また、こどものため、初心者用に選ぶ場合は継続していけるものよりは、万が一飽きて辞めてしまって期間が空いても、いつでも思い立った時にもう一度ゼロから始められるものの方が良いのかもしれません。

教室と英会話教材との比較とメリットやデメリット

教室に毎日通えるのがベスト

外国人の講師の方と実際に英語で目と目を合わせて対話を毎日することができたら一番の理想なのではないでしょうか。 しかし、一般的には金銭的にも時間的にも難しいと言えます。 また駅前留学の英会話教室もやはり毎日少しずつという予約ができるというところは少ないのではないでしょうか。 もちろん、通う時間や交通費なども馬鹿になりません。 現実的に考えると週に一回か二回が一般的になってきます。 そういう面では自宅で自分でできる英会話教材は好きな時に好きなだけできることは非常に大きいのではないでしょうか。 またDVDやCDなどの場合には、わからないところがあれば、当然何度も巻き戻って自分のペースで進んでいくことができます。 しっかりと継続して毎日続けることができるのならば、効果は教室より早く現れるかもしれません。 聴く能力や発音や文法、使える単語などは覚えていくことができるでしょう。 しかし、対話という事になると話は別です。相手がいないとできないものなのです。 特にコミュニケーション能力という面が日本人は世界と比較すると低いと言われています。 端的に言えばその面では英会話教材では生の英語での自然な染みついた適切なボディーランゲージも含めた対話が最終的には欠かせない重要になってきます。

スカイプで行うオンライン英会話教材も人気急上昇中です

パソコン画面で相手を見ながら会話ができる

英会話教材に新たな旋風を起こしているのが、スカイプなどのオンラインを使用して外国人と一緒に勉強をするサービスです。 家に居ながら、外国人講師のネイティブな英語を勉強することができるので人気が高いのです。 YouTubeで一人で家で発音の練習をして、それが完璧にできたとしても実際に会話をしてみないと習得できているとは言えません。 もちろん、一回も実際に相手がいる状態で使ったことがなければ、旅行などでその単語を出さなくてはいけない場面がきたとしても自然とは出てこないのです。 何度も失敗していくことで、シチュエーションに応じて持ち合わせている言葉の中から適したものを選択することができるようになるのです。 ですから、そういった意味でも独学だけでなく実践は重要なのです。 またオンラインの驚くべきは料金の安さで、最近は多くの評価のランキングで比較されています。 各社によって設定は異なりますが、基本は東南アジアのシンガポールやフィリピンや英語圏のアジアの講師を使用している場合は非常に安い値段で利用することができます。

英会話教材で教室に通う前の準備をしたい

実戦の前に予習をする

いきなり教室に行くのは抵抗があるという方や、友達や幼稚園のママ友などに全然英語が喋れないのを知られたくないという方は多くいらっしゃいます。 特に初心者の方はそのような恥ずかしい気持ちや苦手意識が邪魔をしてなかなか積極的には動けないようです。 そういった場合はメンタル的にもその状態ではしっかりと学習していくのは難しいので(自信をもって発音したり、会話するには慣れも必要)、学習教材で予習をしてからのほうが効果があるかもしれません。 また、最初のステップ全然わからないで躓いてしまうよりも自宅で英会話教材を聴くことに対して抵抗がなくなってからでもいいのかもしれません。 前払いで月謝やレッスン料を払ってしまったからと言ってストレスを抱えてしまいながら無理に通うよりは楽しみながらリラックスして身につけていく方がよいでしょう。

身近な存在になっている英会話教材

欧米では、英語だけでなく第二外国語の勉強も小学生など早い段階で始めています

近年、インターネットはもちろんIPhoneやタブレットのAndroid携帯、スマートフォンの普及などで世界との距離はますます近くなっています。 政治や経済的にもTPPの影響もあり今まで以上に拍車をかけてどんどんグローバル化していくことが予想されます。 大手企業などの社内英語公用語化も話題になりましたが、ものすごいスピードで進んでいます。 しかし、これは逆に言えば欧米では当たり前のことで母国語以外に第二、第三外国語を使用することが当たり前になっている国はたくさんあるのです。 やはり、そういう点でも隣接している国がない島国である日本は、ランキング上で遅れてしまっている状態です。 そういった意味でも個人で英会話教材を使って学習していくことは重要になってきます。 これからの新しい時代を生きていく日本の子供たちにとっても学校以外での語学の勉強はスタンダードになっていくことが予想できます。 今の日本の小中学校、高校のカリキュラムではネイティブなものができる所まで到達するのは今の段階では何か対策を練らない限り難しいでしょう。


独学

このページの先頭へ